インターネット・回線

格安スマホとオンラインプランはどちらがお得!?おすすめプランと料金を比較

格安スマホとオンラインプランはどちらがお得!?おすすめプランと料金を比較

DocomoやSoftbank、auなどの大手キャリアの解約金が撤廃となりました。
これでスマホも本当にどれが一番お得なのかわからなくなってきましたね。

格安スマホの特徴は、プランがシンプルだということです。

スマホの料金プランは複雑ですね。

  • 月額料金が使ったデータ容量で変動
  • 光回線とのセット割。
  • 家族割

さらに、キャッシュバックなどを含めるとどれが安いのかもわからなくなってしまいます。

スマホの種類で代表するのが

  • DocomoやSoftbank、auのキャリア大手
  • 3大キャリアから販売されているオンライン専用プラン
  • YmobileやUQモバイルに代表される格安スマホ

この3種類となります。

それぞれによって特徴が違うので、特徴を知ってしまえば自分に合ったプランを選ぶことも簡単にできます。

結論から先に簡単に説明すると

  • 料金は度外視でブランド力の安定品質で選ぶならキャリア。
  • オンラインで窓口も不要。データ容量のみ意識するならahamoなどのオンラインプラン。
  • 複雑な料金体制はなくシンプルなプランが格安スマホ

となります。

大手3大キャリアのDocomo、au、Softbankは通信品質は安定していますが、料金プランも複雑で少しわかりにくいですね。金額面でも若干高額です。
アハモやPOVO,LINEMOは3大キャリアのオンライン専用プランとなるため、サポート面で不安。しかも、キャリアメールなども利用できないだけでなくキャッチホンもありません。

オプションで通話中に着信があった場合にはショートメールサービスで番号を通知してくれる機能はありますよ。

格安スマホのYmobileとUQモバイルはキャリアメールも使えてサポートも充実しています。

どれも電波帯は各キャリア同様なものが使えるため大きくは心配いりませんね。
あとは、自分の好みに合わせて選ぶだけです。

シンプルに考えると意外た単純ですね。

格安スマホのYmobileとUQモバイルを比較紹介して行きます。

格安スマホの料金比較

格安スマホのトップはUQモバイル、2番手はYmobileですね。
UQモバイルはauのサブブランドとなります。
YmobileはSoftbankのサブブランドですね。

共にサブブランドとなりますが提供している電波の周波数帯はキャリアと変わらないので、
繋がりやすさはそのままauやSoftbankの繋がりやすさと同じだと予想して問題はなさそうです。

月額料金は、

データ容量 3G 15G 25G
Ymobile 2,178円 3,278円 4,158円
UQモバイル 1,628円 2,728円 3,828円

となります。
こちらは割引などを全く考えていない価格となります。

割引を受けると、金額が大きく変わりますが、

結論

独身など一人の場合はUQモバイル。
家族で利用する場合にはYmobile

というのが一番賢い使い方ですね。

Ymobileは、2回線以上の契約を行うと2回線目は

Ymobileが

データ容量 3G 15G 25G
Ymobile 2,178円 3,278円 4,158円
Ymobile2回線目 990円 2,090円 2,970円
UQモバイル 1,628円 2,728円 3,828円

となります。

1回線目は通常料金のままなので注意しましょう。

UQモバイルには2回線目の割引はありません。

次はセット割を比較して行きましょう。

Ymobileの場合は、Softbank光かSoftbank Airのセット割が使えます。
UQmobileの場合は電気セット割が適用できます。

データ容量 3G 15G 25G
Ymobile 2,178円 3,278円 4,158円
Ymobile2回線目 990円 2,090円 2,970円
セット割(1回線目) 990円 2,090円 2,970円
UQmobile 1,628円 2,728円 3,828円
電気セット割 990円 2,090円 2,970円

YmobileとUQモバイル共に1回線目から3G:990円、15G:2,090円、25G:2,970円となります。

その他にも家族でYmobileを使うメリットは、データシェアが出来る点ですね。
データシェアというのは、25Gで契約した場合、親から子へ余ったデーターをシェアできるサービスです。
一方でUQモバイルには低速モードを使うことができます。
低速モードというのは、ホームページなど少し時間がかかるかもしれませんがストレスなく
データのやりとりや閲覧をする時にデータ使用をしなくても使えるサービスです。
無駄なデータ消費がなくなりますよ。

意外と人気なサービスなんですよ。

まとめ

大手キャリアの解約金が撤廃となりました。
年数縛りはなくなったものの、事実上は高額な解約金で他のスマホに乗り換えが出来ないということがありましたが、これからは自由に乗り換えが可能になります。

その分、スマホ市場の競争は激しくなっていますよ。

自由にスマホを乗り換えれるようになったのはいいけど、

  • 月額料金が使ったデータ容量で変動するのでよくわからない。
  • 光回線とのセット割は本当にいいの?
  • 家族割は使えるの?

など料金体制は少し複雑になっています。

簡単に特徴を説明してしまえば、

  • 料金は度外視でブランド力の安定品質で選ぶならキャリア。
  • オンラインで窓口も不要。データ容量のみ意識するならahamoなどのオンラインプラン。
  • 複雑な料金体制はなくシンプルなプランが格安スマホ

このようになります。

格安スマホが人気な理由は、

  • キャリアメールが使える。
  • 店頭でのサービスがあるので安心。
  • 基本的にはキャリアと同じ電波を使用。

このような安心感が一番の理由ですね。

格安スマホは、業界NO1がUQモバイル、2番手がYmobileとなっています。

料金体制では

料金体制では、
  • 一人暮らしの場合にはUQモバイル
  • 家族で利用するならYmobile

がお得ですよ。

データ容量 3G 15G 25G
Ymobile 2,178円 3,278円 4,158円
Ymobile2回線目 990円 2,090円 2,970円
セット割(1回線目) 990円 2,090円 2,970円
UQmobile 1,628円 2,728円 3,828円
電気セット割 990円 2,090円 2,970円

Ymobileはセット割、UQモバイルは電気セット割を使えば、1回線目から共に最安値のプランで利用することができます。