※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。ご了承ください。

生活術

ポイント生活の始め方!4大経済圏の比較と選ぶ基準も解説!

ポイント生活の始め方!4大経済圏の比較と選ぶ基準も解説!

経済圏という言葉は、楽天経済圏で大きく広がりましたね。
今でも、経済圏というと、楽天経済圏でポイントを貯めて生活を行うイメージが強く残って居ます。

現在では、楽天だけではなくて、いろいろな経済圏が普及しています。PayPay経済圏やdocomo経済圏が大きくなっていますね。
経済圏とは、同じカードやスマホキャリア、通販サイトなどを利用することで、ポイントを効果的に貯めて優待をうけることですよ。

楽天経済圏の場合は、

  • 楽天カード
  • 楽天銀行
  • 楽天証券
  • 楽天生命(保険)
  • 楽天モバイル
  • 楽天市場(通販サイト)

このような形で、すべて楽天のものを利用することでポイントを貯めることを楽天経済圏で生活をすると言います。

現在では、スマホキャリアを主軸にした4つの経済圏が存在しているのですよ。

どれが一番お得かと言うと、

やはりスマホキャリアに合わせた経済圏を選ぶことが一番メリットとしても大きく使いやすいとですね。

使いやすさは、長く継続するためにも非常に大切です。長く使うことができると、自然とポイントも貯まりやすくなります。

ただ、今までは楽天経済圏がひとつ抜きに出ている印象でしたが、ソフトバンクとLINEが統合したことでPayPay(ペイペイ)経済圏が存在感を増して来ております。

今後も経済圏は普及して行くと予想はしますが、ポイントを効果的に貯めて、少しでも有効に活用しましょう。
意外と年間で使うと大きな金額になりますよ。

4大経済圏の種類と比較

4大経済圏は、キャリア別に分かれております。

  • 楽天経済圏
  • PayPay経済圏
  • Docomo経済圏
  • au経済圏

この4つです。

各キャリアのポイントやキャッシュレスサービスは、このようになっています。

楽天経済圏 PayPay経済圏 Docomo経済圏 au経済圏
通信キャリア 楽天モバイル ソフトバンク
Ymobile
ドコモ au
ポイント 楽天ポイント Tポイント dポイント Pontaポイント
キャッシュレス決済 楽天カード
楽天Pay
ヤフーカード
PayPay
dカード
d払い
auPayカード
auPay
銀行 楽天銀行 PayPay銀行 じぶん銀行
投資 楽天証券 PayPay証券 auカブコム証券
保険 楽天生命
楽天損保
yahoo!保険 au損保
通販サイト 楽天市場 yahooショッピング他 dショッピング auPayマーケット

 

特徴も説明して行きます。

楽天経済圏

楽天経済圏は、もうお馴染みにもなりました。
楽天カードから楽天銀行など、すべて楽天を使ってポイントを貯める生活活用ですね。

楽天経済圏の特徴は、何より楽天カードは、若者が一番最初に作るカードのトップにもなっている位に人気があります。更に、保有率も一番ですね。
これは、楽天経済圏という言葉の流行りも影響しておりますが、広い範囲で対応していることも要因です。
ふるさと納税も豊富で、節税にも期待が持てますよ。

楽天Payの使い方、登録方法と特徴を解説!はこちら▶▶▶

PayPay経済圏

PayPay経済圏の特徴は、楽天経済圏と同様に、広いサービスを提供出来ていることと、一番はソフトバンクと業務提携を行ったことで、これからが最も楽しみなサービスですね。

ソフトバンクが提携しているため、今後はLINEPayとの関わりも噂されております。

更に、LINEには暗号資産にも積極的に取り組んでおりますね。

Yahooオークションと連携して技術発表も行われました。
注目度では、楽天を抜いて現在一番人気が高まっております。

PayPay銀行は、名称が変わりましたがジャパンネット銀行のことです。
新しくできた銀行ではなく、名称をあわせることで経済圏をより意識したイメージを持ってもらうためですね。

Docomo経済圏

Docomo経済圏は、銀行などが無いように感じますが、業務提携が多いのが特徴です。
業務提携はどんどん増えているため、同様のサービス提供は十分に出来ますね。

Docomo経済圏の特徴は、全体の35%と最も多くのユーザーを抱えていることです。
dカードと連携すると、キャッシュレスから一般的な生活まですべて網羅することも出来ます。併用で使われている方も多く見えられますね。

Docomo経済圏!d払いとID払いの違いを解説します!

au経済圏

すべてのサービス提供は行えておりますが、いまいち特徴にかける印象にはなってしまいます。
ただ、このキャリア経済圏は、今後も継続してサービスの充実は行っていくでしょう。

まとめ

楽天経済圏に始まり、現在では4大経済圏が主流となっております。
どこが一番良いというのは、一概には言えない状況ですが、スマホキャリアと合わせるというのが現在の考え方になっておりますよ。

4大経済圏は、

  • 楽天経済圏
  • PayPay経済圏
  • Docomo経済圏
  • au経済圏

この4つです。
これからクレジットカードを作ろうとか、キャッシュレスを進めて行くことも、まずはスマホと合わせて行うと経済圏には入りやすいですね。

そこから、光熱費や支払いもカード払いで行えば、更にポイントは加速することになります。
有効に活用して、ポイントで節約にもつなげましょう。