WiMAX

【wimaxをレンタル!】お試し期間や短期レンタルで使える代理店を紹介します。

  • 急な出張でパソコンやタブレットでも使えるネット回線がほしい。
  • 動画投稿などでギガ数も増加!
    ポケット型Wi-Fiやホームルーターを使って見たいけど電波状況が悪かったらどうしよう?
  • 新しく契約したけど通信状況が悪くて返却には端末代金が発生!

こんな不安を抱えているあなた。

モバイル型Wi-Fiやホームルータータイプのお試し期間やレンタルを利用してみましょう。

ポケット型Wi-Fiやホームルータータイプの本体価格は意外と高額です。
wimaxの本体価格は21,780円、他のメーカーでもdocomoのホームルーター5Gは39,600円、softbankairの端末代は59,400円です。

端末代金は代理店によって支払い方法も違うので実質月額料金も大きく変わって来ますよ。

  • WiMAXお試しで使える代理店。
  • 日割りで使えるレンタルWi-Fiの紹介
  • 実質0円で使えるWiMAX代理店

を紹介します。

一度レンタルで電波状況を確認したあとで長く使う方法もありますね。

【wimaxをレンタル!】お試し期間やレンタルで使える方法と代理店を紹介します。

wimaxで使ってから電波状況が悪かったと後悔しないためにお試しキャンペーンや日割りレンタルを活用しましょう。

  • 1ヶ月以内の短期ではお試し期間や日割りのレンタルプランがおすすめです。
  • 1ヶ月以上借りる場合は、キャッシュバックを活用できる代理店だと端末代金相当分が受取可能になります。
  • 2年以上借りる場合は端末代金分割サポートで実質無料の代理店を選ぶことも可能できますよ。

お試しキャンペーンを使う方法は

  • 5G CONNECT:30日間お試し
  • UQwimax:15日間お試し

の2種類があります。

出張や旅行、ちょとした外出や急な入院まで日割りで利用したい場合は

  • WiFiレンタルどっとこむ
  • Wifiレンタル屋さん

が便利です。

お試しで利用できる代理店と日割りレンタルのできる代理店を紹介します。

月額で選ぶWiMAXおすすめの代理店

【30日お試し期間】WiMAXを1ヶ月レンタルできる5G CONNECTを紹介

5GCONNECT 期間

5G CONNECTは30日間WiMAXをお試しで利用することができます。
注意点は無料で30日お試し期間を利用することはできません。

30日のお試しとはなりますが事務手数料の3,300円と1ヶ月目の料金4,950円の合計8,250円は一度支払う必要があります。
こちらは30日で返却すると戻ってきますが一度は支払わなければならないことは理解しておきましょう。

30日で返却した場合の費用は

  • 解約手数料1,100円が必要。
  • 端末返却送料は自己負担。
  • 端末返却後に事務手数料と1ヶ月分の料金が返却

となっているので返却送料とで2,000円くらいはかかってしまいますね。

30日お試しモニターの適用条件と注意点は

  • 注文から30日以内にカスタマーサポートまで解約理由を連絡する。
  • 端末を30日以内に返却する(当日の消印まで有効)
  • 30日を過ぎて返送は解約扱いで4,400円の違約金がかかる。
  • 5G CONNECTの利用は初めてであること。
  • 20Gを超えた場合、30日モニターの対象外となる。
  • 端末や梱包されていた化粧箱を破損すると弁償となる。
  • 端末はモバイル型のGalaxy 5G Mobile Wi-FiとホームルータータイプはSpeed Wi-Fi HOME 5G L11のみ。

5G CONNECTは縛りなしとなっていますが、実際には3ヶ月後から自由に解約できることになっています。実質は3ヶ月縛りと同じですね。

3ヶ月が過ぎれば解約できますが、端末は返却しなければならないので返却送料分はかかりますよ。
5G CONNECTを利用するメリットは、3ヶ月以上1年未満の利用をターゲットにしたユーザーなら大きいのではないでしょうか。
1年以上利用する場合は、他の代理店でキャッシュバックなどを利用したほうが良さそうですね。

【15日無料お試し】WiMAXを短期レンタルできるUQ WiMAXのTry WiMAXを紹介。

Try WiMAX

UQwimaxは15日間の「Try WiMAX」はモバイル型Wi-Fiとホームルータータイプのどちらも15日間試すことができます。

利用開始前に電波状況や通信速度、使い勝手などがわかるのはメリットも大きいのですがデメリットもあります。

デメリットは

  • 15日間でも実際は少し短い。
  • 端末が2種類に限られてしまう。
  • 端末の破損や紛失は弁償
  • 申し込み条件がある。

などがあります。

15日間のお試し期間となっていますが発送日からカウントして返却期日までに必着させなければなりません。
実質のお試し期間は10日ほどではないでしょうか。
さらに自宅など受取が遅れてしまうだけで試せる期間は少なくなってしまいますよ。
期間を過ぎてしまうと違約金が発生するので注意しましょう。

お試し期間で利用できる端末は、モバイル型のGalaxy 5G Mobile Wi-FiとホームルータータイプはSpeed Wi-Fi HOME 5G L11となります。

モバイル型Galaxy 5G Mobile Wi-Fiの端末は新しい通信規格のWi-Fi6に対応していないため混雑が予想される時間帯は通信速度が遅くなる可能性も高いので注意が必要です。せっかくなら新しい通信規格に対応したSpeed Wi-Fi 5G X11を試してみたいのではないでしょうか。残念ながらお試しでは現在取り扱いを行っている代理店はありません。

端末の破損や紛失は弁償となるので取り扱いには十分注意しましょう。
故障した場合の違約金はWi-Fiルーターが20,000円。付属のアクセサリーでクレードルを選んだ場合は2,750円が追加されます。

申し込み条件は、

  • 20歳以上で日本国内に在住
  • 初めての利用であること(過去180日以内にサービスの利用履歴がない)
  • 貸出機器の未返却履歴がないこと
  • 本人名義のクレジットカードが登録できること(デビットカードは不可)
  • 利用規約に同意できること

が条件となっています。

急な出張や転勤、入院などでも幅広く使い勝手がいいレンタルWi-Fi

レンタルWi-Fiのメリットは緊急時でも即座に対応してくれることですね。
急な出張や転勤、時には入院したときでも病院で受取ができるところもあります。

レンタルWi-Fiのメリットは

  • 手軽な費用で1日数百円
  • 受け渡しもしやすい。
  • 端末も豊富で自由に選べる

があります。

レンタル期間は直接受取を行う場合は商品を受け取った日から、郵便などは商品受取希望日からレンタル開始というのが一般的です。返却時は1日レンタルの場合はレンタル終了日の翌日8:00までに投函することが一般的です。

レンタル期間

急な入院などで病院での受取を希望する場合は宅配受取となります。
受取は病院側の承諾も必要ですが通常は総合窓口や受付で預かることになるので事前に確認しましょう。

海外出張から一時帰国するときにも日割りのレンタルWi-Fiは便利ですよ。
空港でそのまま受け取ることもできます。

国内でレンタルWi-Fiを取り扱っている代理店は

  • WiFiレンタルどっとこむ
  • Wifiレンタル屋さん

があります。

【Wifiレンタルどっとこむ】の特徴は豊富な種類です。
【Wifiレンタル屋さん】は安さが特徴ですね。

WiMAXの料金で比較をすると

  • Wi-Fiレンタルどっとこむは1日:700円
  • Wi-Fiレンタル屋さんは1日:490円

とWi-Fiレンタル屋さんのが手軽な金額ですね。
端末は

Wi-Fiレンタルどっとこむは

  • Galaxy 5G Mobile Wi-Fi(モバイル型)
  • WiMAX 5G Mobile Wi-Fi X11(モバイル型)
  • WiMAX Speed Wi-Fi HOME(ホームルータータイプ)
  • WiMAX Speed Wi-Fi HOME(ホームルータータイプ)

と5G対応だけでも4種類用意されています。

Wi-Fiレンタル屋さんはGalaxy 5G Mobile Wi-Fi(モバイル型)のみとなります。

種類で選ぶか料金で選ぶかは使い方や期間次第ですね。

【実質0円】WiMAXを長期レンタルか端末代金を分割で実質無料にできる代理店を紹介

本体端末が実質0円で使えるWiMAX代理店は5社あります。

使い続ければキャッシュバックで端末代相当をキャッシュバックできるという
キャンペーンを行っている代理店はありますが、【端末の実質0円】は具体的に端末をレンタルか値引き、端末代金のキャッシュバックと明記している代理店です。

  • カシモ WiMAX
  • EX WiMAX
  • 5G CONNECT
  • freeeMAX+5G
  • DTI WiMAX

端末代金は21,780円ですが支払い方法を月額料金を比較すると

端末支払方法 値引き方法 月額料金
カシモ WiMAX
605円×36回 月額料金で605円値引き 初月1,408円
その後4,378円
(縛りなし)
EXWiMAX 605円×36回 月額料金で605円値引き 4,950円
(2年契約)
5G CONNECT レンタル 3,718円(2年契約)
4,950円(縛りなし)
FreeMax+5G レンタル 4,800円(縛りなし)
DTI WiMAX
別請求 13ヶ月目に端末代金相当キャッシュバック 4,180円(2年契約)
その後4,730円

となっています。
カシモ WiMAXとEX WiMAXは分割が36回となっているので24ヶ月で解約すると残り期間分の端末代金が発生してしまうので注意しましょう。
レンタルプランでも解約時に本体端末を返却しないと代金がかかってしまいますよ。

レンタルプランの5G CONNECTとfreeeMAXは端末の種類が選べません。
ここは注意点となります。

あとは月額料金で選べば問題ありませんね。

まとめ

WiMAXの本体価格は高額です。

  • 回線の契約を行ってみたけど電波が不安定だった。
  • 予定通りの回線速度が出ない。
  • テレワークやリモート学習でも映像が止まってしまう。

途中で解約を行うと高額な本体端末の料金を支払わなければなりませんね。

WiMAXはお試し期間で使えたり日割りレンタルで使うこともできます。

お試し期間は実際に利用する前に電波状況や実際に利用する環境で試すことができます。
日割りのレンタルでは急な入院、出張など数日だけ借りることもできますよ。

お試し期間では

  • 30日間の5G CONNECT
  • 15日間のUQWiMAXのTry WiMAX

があります。
共に日数か限られていますが実際に試しながら良ければ契約ということもできるのが便利な点ですね。

デメリットとしては、

  • お試し期間に届くまでと返却するまでの日数が含まれている。
  • 端末を自由に選べない。

というデメリットがあります。
5G CONNECTでは後日返却はされますが事務手数料の3,300円と1ヶ月目の料金4,950円は一度支払う必要もあります。

日割りレンタルは急な出張や入院でも利用することができます。

日割りレンタルができる代理店は

  • 種類も豊富なWi-Fiレンタルどっとこむ
  • 端末は選べないけど安さのWi-Fiレンタル屋さん

があります。
特徴をいかして利用しましょう。

レンタルWi-Fi 期限

長期で利用するには端末代金が値引きされる代理店を選ぶと端末代の負担が少なくなります。

本体端末が実質0円で使えるWiMAX代理店は5社あります。

  • カシモ WiMAX
  • EX WiMAX
  • 5G CONNECT
  • freeeMAX+5G
  • DTI WiMAX

となります。

端末支払方法 値引き方法 月額料金
カシモ WiMAX
605円×36回 月額料金で605円値引き 初月1,408円
その後4,378円
(縛りなし)
EXWiMAX 605円×36回 月額料金で605円値引き 4,950円
(2年契約)
5G CONNECT レンタル 3,718円(2年契約)
4,950円(縛りなし)
FreeMax+5G レンタル 4,800円(縛りなし)
DTI WiMAX
別請求 13ヶ月目に端末代金相当キャッシュバック 4,180円(2年契約)
その後4,730円

注意点は

  • 途中で解約すると残り期間の端末代を負担。
  • レンタルを返却しないと端末代金負担。
  • レンタルは端末の種類が選べない。

というデメリットもあります。
月額料金を見ると長く使えば安くなる仕組みとなっていますね。