インターネット・回線

WiMAX代理店6社の月額最安値3,883円!2022年7月改定後の料金も徹底比較!

wimax-new

2022年7月1日から電気通信事業法が改定になりましたが、実際の月額料金やキャッシュバックにどのような変化が起きたのでしょうか。

  • 違約金が月額料金以下に制限がついたと聞いたけど、その分高くなったのでないの?
  • 年数契約なしは嬉しいけど、端末料金やキャッシュバックは?

WiMAXに興味はあるけど本当に安くなったのか不安なあなた。

最安値の代理店と最新月額料金、端末料金やキャッシュバック、違約金など徹底比較して行きます。
各社がどのようなプランで進めているのかも良くわかると思いますよ。

WiMAX代理店6社の月額最安値3,883円!2022年7月改定後の料金も徹底比較!

最安値月額料金の代理店はBroad wimaxの3,883円(税込)でおすすめ!

  • 契約年数が2年のプランになるので違約金に注意。
  • 端末代金の残り代金は別途請求。

月額料金ではBroad wimaxが最安値でおすすめとなっています。
しかし条件としては2年契約の場合となりますよ。

他の代理店と詳しい料金の比較は表の通りとなります。

代理店 初月月額
(税込)
2ヶ月目以降
(税込)
25ヶ月目以降 契約年数
Broadwimax 1,397円 4,070円 なし
1,397円 3,883円 2年
Biglobe wimax 2,079円 4,928円 なし
カシモ wimax 1,408円 4,378円 なし
Visionwimax 4,103円 4,785円 なし
GMOとくとくBB 3,553円 3,553円+端末代605円 4,103円 なし
ASAHIネットwimax 4,378円 4,928円 なし

注意する点は各社とも共通で端末代金分割払いと一括払いの選択となります。
※後に解説します。
事務手数料は共通で税込3,300円ですね。

Broadwimaxの場合は、端末代金を36ヶ月の分割になるので2年契約終了時でも端末代金の残り代金を支払わなければなりません。
月額料金は、同額の割引があるため高くなることはないので安心して下さい。

次に

  • 違約金と端末代金の支払い方法
  • キャッシュバック

を見てみましょう。

違約金と端末代金の支払い方法を紹介。端末代金は途中で解約すると残金請求が発生!

違約金が発生するのは、最安値となるBroadwimaxの2年契約で月額相当3,883円(税込)のみとなります。

  • 年数契約がなければ解約での違約金は発生しない。
  • Broadwimaxの2年契約では、2年以内に解約した場合には月額料金同等の3,883円(税込)の違約金が発生します。

契約年数がなくても、各社とも端末代金が2年や3年で分割払いとなっています。
分割払い中に途中で解約した場合には残金の請求が発生するようになっているようです。
月額料金では、分割払い相当額が割引となっているので高くなることはありません。

ここは安心できますね。
各社の端末代金と支払方法、端末割引の詳細は、

代理店 端末代金 支払い方法 端末値引
Broadwimax 21,912円(税込) 605円(税込)
×36回
月額料金から36ヶ月間端末代金相当を値引き
カシモ wimax
GMOとくとくBB 別途キャッシュバック
Biglobe wimax 913円(税込)
×24回
月額料金から24ヶ月間端末代金相当を値引き
Visionwimax 21,780円(税込) 一括か
10,890円×2回
ASAHIネットwimax 一括払い

解約金はBroad wimaxの2年契約が3,883円(税込)、事務手数料は各社共通で3,300円(税込)です。

結局は複数年契約の気もしますが、端末代金の返金と考えれば納得がいくようにも感じます。
端末代金一括払いを使えば請求も全くなしで契約をできる代理店もあるので、使い方によって選ぶのもよいかもしれませんね。

キャッシュバックの紹介

代理店の特徴にキャッシュバックの大きさというのがありましたが、キャッシュバックにも大きな変化がます。

  • 他社乗り換えサービス
  • 5,000円キャッシュバック

この2つが各代理店によっては用意されているようですね。

代理店 Broadwimax Biglobe wimax カシモ wimax Visionwimax GMOとくとくBB ASAHIネットwimax
他社乗り換え 最大19,000円 最大49,000円
キャッシュバック 10,000円 5,000円(Amazonギフト) 5,000円+事務手数料割引

となっています。

特徴的なのはGMOとくとくBB wimaxは他社からの乗り換えキャッシュバックで最大49,000円のキャッシュバックを受け取ることができます。

他社を解約するときに発生する解約金や端末残債の合計で受け取れる金額が違います。

  • 20,000円(税抜)未満が23,000円
  • 20,000円(税抜)以上が49,000円

となっています。

受け取るためには、発生する金額の証明書と2年契約でGMOとwimaxの契約を結ぶことが必要になります。
受け取り日は端末発送月から11ヶ月目にメールで案内となるため忘れてしまうケースがありそうですね。
メールで案内が来てから翌月末に振り込みで支払われますよ。

他の代理店キャッシュバックは
金額では5,000円がベースになっています。

  • BIGLOBEwimaxは、5000円キャッシュバックとクーポンで5,000円
  • カシモwimaxは、5,000円Amazonギフト
  • VISIONwimaxは、5,000円と事務手数料3,300円割引

となっています。
少し前の大型キャッシュバックよりも、やはり月額料金を重要に考えたほうが良さそうですね。

電気通信事業法改定後内容

2022年7月1日に消費者保護のため電気通信事業法が改定になりましたが、どのようになったのでしょうか?

改定の内容は、

  • 消費者保護の観点から電話の口頭契約だけでなく、書面での説明が必要。
  • 長期拘束や解約金の規制。解約金は月額利用相当以下
  • 2年契約時(期間拘束時)の場合、解約時に請求できるのは利用した期間に応じて低減した工事費
  • 撤去工事日は全額請求可能。
  • スムーズに解約できるようにすること。(定義は難しい)

この5つが中心です。

月額料金やキャッシュバックに影響がでそうな項目は

  • 長期拘束や解約金の規制。解約金は月額利用相当以下
  • 2年契約時(期間拘束時)の場合、解約時に請求できるのは利用した期間に応じて低減した工事費

この2つではないでしょうか。

これからのことを考えても、内容を把握しておくことは大切ですね。

まとめ

2022年7月1日より電気通信事業法が改定になりました。
その結果、月額料金やキャッシュバックなどにどのような変化が起きたのでしょうか。

結論としては、月額料金の最安値はBroadwimaxの3,883円(税込)となります。
キャッシュバックは、

  • 他社乗り換え違約金のキャッシュバック
  • 現金キャッシュバック

の2つに分かれます。

違約金は2年契約のBroadwimaxは途中解約で3,883円。その他は年数契約がないためにありません。

違約金はなくても、端末代金が分割払いとなっている場合は残った端末代金は支払わなければなりません。

一番無難なプランはBroadwimaxですよ。

エリア拡大中!一家に1台から一人1台の時代!

モバイルWi-Fiで人気急上昇のWiMAXを徹底解説!一人暮らしや急な光回線利用でも便利はこちら▶▶▶